女性ホルモンと栄養

2017/01/19

女性ホルモンは、たんぱく質とコレステロールから
出来ているそうです。
ダイエットなどで、きちんとした栄養をとらなかったりすると、
女性ホルモンバランスは崩れます。
限られた栄養を人間が生きていくうえで優先順位が
高いところに送ることになりますから、
生殖に関わる卵巣は後回しになってしまうということですね。

食事をパンだけで済ますとか、野菜やフルーツだけで済ますというのは、女性ホルモンバランスには良くありません。

また、たんぱく質はストレスがかかっても消費されますので、
やはり毎食とることが重要です。
ストレス、、といえばビタミンB6やビタミンCもとても大切♪

毎日のことですから、身近な食材でお金をかけず
摂取していきたいですね。
ちなみに出張前の冷蔵庫整理を兼ねた我が家の晩御飯。
お恥ずかしいですが、思い切ってパシャリ。

たんぱく質はビタミンCと一緒に摂るといいので、
鮭ソテーをレモンで。

ストレスにいいビタミンB6も豊富なたんぱく質のぶた肉を
しゃぶしゃぶで、
これに、ビタミンCが多いキャベツと、女性ホルモンに近い
働きをしてくれる植物性たんぱく質のお豆腐を一緒に。

たんぱく質の吸収を助けてくれ、血行促進、滋養強壮効果の
ある山芋と、
リコピンいっぱいのトマトと、むくみをとってくれるウリ科の
キュウリのサラダ。

ちょうど余っていたので豚肉の栄養素と相性がいい玉ねぎを
ニラ玉に入れてっと。

お値段は、、、鮭はちょっと拘ったので(笑)、それでも
他は余りものを使って、、、全部で1200円くらい(笑)

細胞の元となってくれるたんぱく質の多い食事は、
筋肉マンの主人にも好評でした!

まだ表には出てきていませんが(笑)、きれいの未来塾には
「家庭料理」も「おもてなし料理」も抜群に上手なメンバーも
在籍しています。
いつか関連イベントがあるかも?!

http://kireinomirai.jimdo.com/scedule/