女性ホルモンバランスとストレス

2017/01/17

今日は女性ホルモンバランスと
ストレスについて書いてみようと思います。

女性の月経や排卵は、と~~ても簡単に言ってしまうと、
脳と卵巣のやりとりによって起こっています。
脳から卵巣ちゃんに指令がいって、今度は
卵巣ちゃんからの信号を脳が受け取って
排卵や月経が起こるというような仕組み。
つまり、精神的ストレスがかかっていると、
脳が疲れたり混乱している状態なので、
正しく卵巣ちゃんに指令を出せなかったり、
逆に卵巣ちゃんからの信号を受けとることが
できなかったりします。
これが月経不順や無排卵に繋がると言われています。

女性ホルモンのケアというと、おっぱいや子宮など
身体へのケアやアプローチのみが
想像されがちですが、実は、前述のような理由から、
ストレスが大きく関わるため、
脳へのアプローチやケアがとっても重要です。
もちろん年齢や体質によっては卵巣へのアプローチも
大きく関係してきます。

また、人は、「嫌なことへの拒否反応」として
ストレスを感じているだけではなく、
良いことや発展的な出来事にも何らかのストレスを
感じているといわれています。
つまり、「変化」に対し脳が反応するわけです。

女性の社会進出が進み男性と肩を並べて活躍するように
なったこと、
結婚や出産、育児、介護など女性のライフサイクルに
よる環境や関わる人の多様性など、
女性のまわりにはたえず「変化」が存在します。

自分では自覚していなくても、脳はそれなりに
反応しているのです。
脳と卵巣のやりとりをスムーズにし健康な排卵や月経を
保つためにはストレスをためない、物事の捉え方を変える、
自律神経を整える、幸せホルモンがたくさん出る生活習慣を
身に付けることがとても重要です。

私を知っている方はお分かりかと思いますが、
「ストレスがないの?」と言われるくらい
感情が安定しているといわれます。
それは、物事の捉え方を変えるのが上手であり、
自分がストレスをためない術を知っているのと、
オキシトシンやセロトニンという幸せホルモンが
たくさん出る生活を心がけているからだと思います。

女性ホルモンバランスを勉強するようになってから
他のホルモンのことも勉強しました。
すると、長年私がやっていたことは、幸せホルモンを
分泌するのにとてもいいことばかりだということを知りました。
(この謎の写真もヒントがたくさん隠されています笑)
そう、難しいことは何もないのです。
誰にでもできる身近なセルフケアがとっても重要です。

ホルモンという言葉の語源はギリシャ語で
「刺激する 目覚めさせる」などという意味
だそうです。
人間の身体の機能を刺激し目覚めさせてくれるホルモン。
もうホルモンオタクになりそうです(笑)

女性ホルモンにもその他のホルモンにもいいセルフケアを
た~くさんご紹介していきたいと思います♪