ホストファミリーやります【2016/9 FBより】

2016/09/19

ホストファミリーやります!!!
写真は、事前に本人から送られてきたレター♪
(お寿司が好きらしい♪)
海外旅行も私じたい苦手だし、パパが忙しくて行けないし、
日本で息子に英語やグローバルな文化を教えてあげる
器量もないし。ならば、逆転の発想で「呼んでしまえ!」
という事で、数ヶ月前に、
たまたま主人が勤める高校での交換留学が本年は
受け入れだという事で、生徒さんからホストファミリーを
募集するという話をした主人に
「我が家も立候補しようよ」と私が言いだし、
いよいよ今月末にオーストラリアから留学生が8泊します。
(平日はお弁当も用意するらしい。。。。笑)
この書き込みを見て
「奈緒ちゃん、英語しゃべれないよね。。。。」と
心配している私の友達も多いはず(笑)
はい。セプテーニ時代も経営者の会の事務局を
継続している今も
「日本では旅館やホテルであれだけの交渉力が
ある奈緒ちゃんが、海外では借りてきた猫の
ようにしゅんとしているよね笑!」と
昔からボスや皆様に言われているほど、
英語が出来ない私。
でも大丈夫。そんな15年間で学んだことは、
「英語でも何でも、たとえ自分が全部できなくても
出来る人をかぎ分ける嗅覚や判断力と、
その人たちに協力してもらえる信頼関係が
あれば物事は進む」ということ。
私に求められていることは、「私」がそこそこの
クオリティでやることではなくて、
私でなくて誰がやってもいい。
「最小限のコストと期間で物事をベストな状態で納品すること」。
現にセプテーニ時代も、たくさんの仲間や、
社外の知識や経験や語学が出来る秘書仲間に
いっぱいいっぱい支えられてきました。
(皆さん!感謝しています!)
これは、私が尊敬するある経営者が教えてくださった
考えが元になっています。
「例えば、マーケティングも会計も法律も人事関連も、、、
プロ並みに経営者本人ができることが一番だけど
実際はそうもいかない。だとしたら、その人たちを
遣う力量(ついていきたいと思われる人間力)と、
それが正しいかどうか判断できる
一般的な知識と、そして実行したこと、決断したことに
自分自身が責任を取るという覚悟ができるかが大事」。
だいぶ話はそれましたが(汗)、、、、
今回もしっかり皆様のお力を拝借の準備万端!
バーベキューを催してくれるママ友ご家族。
英語がペラペラで
「何かあったら24時間電話してきて!通訳するからね」
といってくれる東京の女友達、、などなど。。
みんなありがとう!!
そして、、、
「ホストファミリー経験者だけど、こんな情報あるよ」
とか「岡山で外国の方に喜ばれるスポットや物はこれだよ」
なんて情報がありましたら個別にメッセージ大歓迎です♪
あと少し、微力なりに、きちんと「おもてなし」準備
したいと思います